見上げている若い人たち

大人の英語学習

円卓と子供

英語が苦手な人は、まず英会話を始めてみるのが良いと言われています。英語と英会話、2つが全く違うのは、英会話が実際の生活に合わせて身につける方法だからです。実際にコミュニケーションのひとつとして使う事が大事です。

Read More

ネットで英会話

勉強する子供

最近じわじわ人気が高まってきているのがネットを利用した英会話の学習法です。ネイティブの先生と実際に会話を楽しみながら出来てしまう英語学習法で、ネット環境さえあればどこでもいつでも出来るのが魅力です。

Read More

英会話のある社会

黒板

英語は話せると楽しいものです。
海外旅行に行っても、行きたい場所への行き方が分かり、現地の人と会話を楽しむ事も出来ます。
特に最近では海外留学や日本の会社でも海外の国と取引をする会社が増えて居ます。
日本を飛び出して世界で活躍する日本人も多くなってきました。
なぜ多くの人が海外へ出るかというと、それは日本にはない感動や出会いがあるからです。
もちろん学習や仕事の為という場合もありますが、海外には日本とは異なった様々な人々や物事が溢れています。
英語学習は日本では小学校から取り入れられているのも、今後は世界の中に視点で日本と捉えていこうという社会の流れを汲んでのものです。
社会から必要とされるスキル、それが世界と渡り合っていくのに必要な言語、英会話のスキルです。

英会話に苦手意識を持つ人も多いです。
その苦手意識の多くは、学生時代に行っていた英語学習の影響だと言えます。
単語や文法を覚えた経験や、ノートに何度も書き取りをして覚えさせられた英語の授業の記憶や、試験勉強の為に必死で覚えていた記憶があって、英語は難しいもの、覚えるのが大変なものといったイメージが付きやすいのです。
しかし、決してそのような苦手意識を持つようなものではなく、英語はむしろシンプルで簡単な言語だと言えます。
特に義務教育の英語ではなく、大学生で留学をした事のある人や、社会人になって英語を学んだ人はとても楽しく、しかも簡単に英語を身に付ける事が出来ると言われています。
それは、英語の学習の仕方が異なっているからなのです。

英会話を学習する方法はいくつかあります。
多くの方が利用しているのが、通学スタイルのスクールであります。そこでは、ビジネス英会話や資格取得などに向けたいろいろはカリキュラムが用意されています。
ただし、通学スタイルだと時間を必要とします。
そこで、忙しい人に向けたのが通信教育で学ぶ方法であります。
通信教育は自分の空いた時間にいつでも勉強ができるメリットがあります。
勉強する方法はいろいろありますので、自分のやりやすい勉強方法を選択しましょう。

留学したいなら

色鉛筆

英会話を身につけて留学したい、という人にはTOEFLの学習をするのが良いと言われています。TOEFLの参考書やテキスト、また専門の英語スクールがあるので、しっかりと効率よく英語を学ぶことが出来ます。

Read More

仕事で英語を

学校の机

社会に出たら英語を使う仕事をしたい、または今の仕事で英語が必要になったという社会人も多いです。そんな時に利用したいのが英会話スクールです。自分の目的にあった方法で親身に勉強の相談に乗ってくれるのも魅力のひとつです。

Read More